茶道具 菊桐秋草蒔絵茶器 和田寿峰,
現場改善のヒント

常滑 ☆最終割引☆煎茶 窯変 村田益規】か220902 【名工 宝瓶 工芸品 新品登場

みんなの危険感受性を高める「KYT」の実践方法とポイント

「安全第一」といわれるように、製造現場ではあらゆる危険を回避することが大前提です。しかし、管理者が安全のモットーを決めて伝えるだけでは、作業者全員の意識にしっかりと定着するとは限りません。
そこで今回は、現場全員の危険への感受性と安全への意識を高めると同時に、職場の風土改善にも有効な「KYT」の基礎知識や実施方法などについて、各手順でのポイントを交えながら説明します。

この記事でわかること
☆ マリリン・モンロー 陶器製☆,

KYT(危険予知訓練)とは

KYTとは、危険(Kiken)・予知(Yochi)・トレーニング(Training)の頭文字を取った語で、「危険予知訓練」とも呼ばれます。労働災害の防止を目的に、危険に対する感受性を高めて安全性を先取りする能力や、チームワーク、集中力、問題解決能力などを養う訓練のことです。
実際の現場でもチームワークや積極的な発言が大切であるため、危険予知訓練でもチーム制で意見交換しながら行います。

製造現場でのKYT(危険予知訓練)実施手順

KYTの代表的な方法として、目的が割り振られた第1ラウンドから第4ラウンドまでを段階的に実践していく「KYT4ラウンド法」が挙げられます。
各メンバーが発言しやすいよう5~6人を1つのチームとし、司会進行を行うリーダーや書記を割り振っておきます。各ラウンドの目的や実施内容などは以下の通りです。

第1ラウンド「現状把握」

・目的
どんな危険が潜在しているか、実際の状況を把握する。
・実施方法
ビジュアルを見ながら、潜在的な危険とその要因、どのような現象を招くのかなどを各自が考え、発言します。書記担当者はそれらの発言を項目として模造紙などにメモしていきます。
一般的にはKYT用のイラストシートをチーム全員で観察します。また、実際の現場でKYT用の写真を撮って使用すれば、より実践的な訓練になるでしょう。さらに、絵や写真に登場する主な人や物体、場所にアルファベットを割り振るなどしておくとチーム内での意思疎通が円滑になります。
Point

第1ラウンドで注意すべき点は、ベテラン社員などが過去の事故事例を挙げないことです。視覚で得た情報からたとえ些細であっても、安全ではないと思える項目を各自が掘り起こしていくことが大切です。

アンティーク オープンカットワーク刺繍三つ葉のクローバー リネン織ハンカチクロス,

第2ラウンド「本質追究」

・目的
本質(原因)を探り、チーム全員が認識する。
・実施方法
第1ラウンドで挙げられた意見の中から特に注目すべき項目をピックアップし、さらにその中から最も危険だと考えられる要因を選定します。
たとえば、模造紙に意見を書いていった場合は、注目すべき項目に印を付けていき、その中で最も危険だとする要因に対してより目立つ印を付けるなどして、視覚的にわかりやすく分類します。
最終的に選ばれた項目とその危険要因、発生する現象をリーダーに続いてメンバー全員で指差し唱和します。
指差し唱和の例
「工程Aから抜き取り検査用のワークを通路Bに面した一時置き場Cに運ぶとき、大型機械の影に隠れてしまうため、材料を搬送する人またはハンドリフトと接触する。ヨシ!」
Point

最も危険とする要因は、チーム内において満場一致で決定することが重要です。もし4人中1人が異なる意見を持ち、ほかの3人が説明しても1人が納得できないような場合は、次の相反する2つの可能性が考えられます。1つは選定が不適切だった可能性、もう1つは、それだけ予知しにくい危険を掘り起こしたという可能性です。
いずれの場合においても選定段階での話し合いは、コミュニケーションの活性化と、危険の本質(原因)を追究する力を養ううえでとても有意義です。

(wakaba様専用)リヤドロ いつも一緒 (絶版),

第3ラウンド「対策樹立」

・目的
「あなたならどうするか」を考え、対策を立てる。
・実施方法
第2ラウンドで選定した最も危険な要因への対策を各自が自分事として考え、チーム内で対策案を発表し合います。
この段階で他のメンバーの合意を得る必要はありません。具体的な対策を考えて意見を出すことが重要です。
Point

対策案を挙げる際に重要になるのは「実践可能であること」です。ですが、「気をつける」「注意する」といった意識にはバラつきが生じるため対策にはなりません。
たとえば、動線が交わる場所にミラーを設置して目視確認し、さらに声かけを行って移動する。またはセーフティセンサを設置して動線が交わるエリアに人がいるときはランプの点灯や警告音で知らせるなど、具体的かつ実践可能な対策を立てる必要があります。

篆刻 高級石材 篆刻用 中国 印材 寿山 鈕彫り 干支 十二支 12本入 新品,

第4ラウンド「目標設定」

・目的
「私たちはこうする」を設定する。
・実施方法
第3ラウンドで出した対策案の中からチームのメンバー全員による合意のもと、実施する項目(行動計画)を決めて目標を設定します。
設定が完了したら設定した行動をメンバー全員で指差し唱和します。
指差し唱和の例
「工程Aと通路Bの動線が交わるエリアに入る前にいったん停止し、ランプの状態で人がいないかを確認して指差し呼称し、ゆっくり立ち入ろう。『人の侵入なし、ヨシ!』」
Point

全員が目標設定に賛同できない場合は、それ以前のラウンドで決めたことに不備がなかったか確認しましょう。第4ラウンドでの目標設定時に、第3ラウンドで検討した対策案の欠点を発見するような場面もよくあります。
チーム内で積極的に意見交換を行いながら微調整することも、コミュニケーションの活性化において有意義といえます。

「KYT4ラウンド法」のまとめ

これまで説明した「KYT4ラウンド法」における各ラウンドの主要な目的や手法、ポイントを以下の表にまとめます。いずれのラウンドもチーム全員で行うため、各自が共通認識を持って取り組む必要があります。

  目的 手法 ポイント
第1ラウンド
現状把握
どんな危険が潜在しているか、状況を把握する。 ビジュアルを見て、潜在的な危険をみつける。 過去の事例ではなく、起こり得る危険を掘り起こす。
第2ラウンド
本質追求
本質(原因)を探り、チーム全員が認識する。 注目すべき項目ともっとも注目すべき要因を選び、指差し唱和。 メンバー全員の意見が一致するまで議論する。
第3ラウンド
対策樹立
「あなたならどうするか」を考え、対策を立てる。 メンバー各自で対策案を考え、発表する。 具体的かつ実践可能な対策を考える。
第4ラウンド
目標設定
「私たちはこうする」を設定する。 目標とする行動計画を決定し、指差し唱和。 うまく設定できない場合は、過程で不備がなかったか検証する。

KYT(危険予知訓練)の実践例

現場での作業風景のビジュアルを使った「KYT4ラウンド法」での訓練の実践例を紹介します。

テーマ:トラックの荷台から荷物を搬出

作業者A 作業者B
古民具 骨董品 蕎麦猪口 古伊万里染付,

第1ラウンド「現状把握」/第2ラウンド「本質追求」

第1ラウンドでは、6名のチームでこのイラストを観察して危険について考えました。2名の意見が同じだったため、以下の5つの危険項目が挙がりました。
第2ラウンドでは、話し合いによって決めた重要な危険項目に〇(丸)、その中で最重要危険要因がみられる項目に◎(二重丸)、いずれにも該当しない意見には-(ダッシュ)を付けました。
なお、イラストを使用する場合、特有の細かい作画エラーへの気づきも、視覚で危険を感じ取る訓練においては無意味ではありません。

  • -作業者Bはトラックの影に隠れているため他の車が来たときに接触する。
  • ◎作業者Aが手を滑らすと作業者Bの上に荷物が落ちる。
  • 〇作業者Bが台車に荷物を置くとき、不安定になり荷崩れする。
  • ◎作業者Aは荷物で足元が見えにくいため、荷台から落下する。
  • -作業者Bの足の位置だと、重い荷物を持つときに腰を痛める。

☆最終割引☆煎茶 常滑 窯変 宝瓶 【名工 村田益規】か220902 新品登場

☆最終割引☆煎茶 常滑 窯変 宝瓶 【名工 村田益規】か220902
ご覧頂きましてありがとうございます。 常滑焼 窯変宝瓶 【名工 村田益規造】でございます。 使用回数少なめ、 長年仕舞っておりました。 裏面に僅かに擦れ有り。 目立った傷み無し。 益規刻印有 サイズ 径約9.5㎝×高さ約4㎝ その他お品物と同梱ご希望の方は ご購入前にお申し付け下さい。 ご購入後の同梱がメルカリのシステム上 不可となっております。 #煎茶 #煎茶器 #常滑 #宝瓶 #村田益規

常滑 ☆最終割引☆煎茶 窯変 村田益規】か220902 【名工 宝瓶 工芸品 新品登場

常滑 ☆最終割引☆煎茶 窯変 村田益規】か220902 【名工 宝瓶 工芸品 新品登場

常滑 ☆最終割引☆煎茶 窯変 村田益規】か220902 【名工 宝瓶 工芸品 新品登場

  • 5.00

    懐かしい無量でした。

    原敏之

    懐かしいですから

  • 3.00

    ぼくにはわからないけど

    朧46

    オタクの先達には必要な作品なのでしょう。

  • 5.00

    第1話だけで判断してはいけない良作

    Amazon カスタマー

    アンドロメダが好き→2202を鑑賞しよう→その前作を予習しよう、という理由で遅れ馳せながら鑑賞しました。今まで避けてた理由は、第1話の印象が2つの点で悪かった為。 1 軽い艦の動きCG特有の「軽さ」が戦闘の緊迫感を削いでましたが、これは話を重ねるごとに改善しました。 2 女性キャラの外見男性は様々な年齢と容姿で描かれ、制服も現代的にアレンジ。しかし女性は10代後半~20半ばくらいの美女ばかり。松本零士独特のタッチだからこそ許容できたボディーライン丸出しの制服はそのままなので、最早セクハラか公然わいせつ。この点は今でも不快です。また、旧作より能動的な女性が多いのは良いですが、全キャラに色恋ネタをつける必要はないかと。裏を返せば、不満は上記くらいでした。波動砲を大量破壊兵器と見なした社会問題の織り込み。理解は出来ないが説得力のあるSF考証。やや漫画的ではあるが個性的で好感の持てる敵味方のキャラクター。それらを無駄無く活かし、さらに旧作を尊重した上でアップデートされたメカデザインとストーリー。堅実な作り込みが作品の強度となり、多少のツッコミ所は致命傷にならず、最終話に起こる奇跡も引き立ち、素直に感動させられました。リアルタイムで真面目に鑑賞しなかった自分が恨めしくなる程の良作です。(蛇足ですが、並行して鑑賞した2202は、リアルタイムで真面目に視聴した自分が恨めしくなりました)

  • 5.00

    2202をみてから見直した

    snake

    2199を最初にみた時は、色々と現代風アレンジされたヤマトや女性キャラのデザインや数への違和感がずっと拭えず、なんとなく「イマイチ」な感想でしたが何もかもがデタラメな2202を見てからもう一度2199を見直したら「なんて丁寧なリメイクなんだ」と感動しましたわ。作り手が偉大な原作への敬意をもって作ってる事がよく分かるヤマトのリメイクは安易には作れないそういう覚悟を感じた。 できれば2199のスタッフだけでもう一度さらばをリメイクしてほしい。 劇場版とTV版でそもそもストーリーも結末も違っていたヤマトなのだから出来ない事はないよね。

  • 5.00

    ちゃんとオリジナルに対するリスペクトがあります。

    fun

    リメイク物はたいていの場合、オリジナルに対するリスペクトも少なく、けっこういい加減で愚作になることが多いが、この作品からはオリジナルに対しての敬意と愛情が感じられる。戦艦・構築物・衣装などのデザインは、ほぼ全てオリジナルを踏襲した上でディテールをブラッシュアップしている。BGMやSEも元のまま使っているし、序盤のストーリーの流れもオリジナルを知る者に違和感を感じさせないものとなっている。エンディングテーマは新曲になってはいるが、オリジナルの「真赤なスカーフ」も古代進のハーモニカなどでちゃんと重要要素として扱われている。カット割りやカメラアングルも、オリジナルを相当に研究分析し引き継いでいると思われる。それでいて、たとえば「2010年宇宙の旅」「ブレードランナー」「エイリアン」等のSF映画の名作を思わせる映像シーンや伏線ストーリーなど新たにうまく取り込んでいて、製作陣の意欲を感じさせるものがある。観る者が観れば分かる拘りだ。敵含め、重要な存在となる女性キャラが何人か加えられているが、これは現代の若年層を考慮した上での設定の追加であろう。現実的なキャストの男女比を鑑みれば、この方が理に合っているとは言える。絵柄が変わり、男女キャラともアホ毛がやたらに多いのや、サービスショットがちょくちょくあるのが気にはなったが、これくらいはご愛嬌の範囲と言えるだろう。なお作中「キャプテンハーロック」の肩に乗っているような鳥も出てくるが、これも松本零士氏リスペクトの一環であろう。「放射能除去装置コスモクリーナ」という今となっては古臭い40年前の安易なキーパーツの設定を、「コスモリバースシステム」に変更して論理的弱点を補っているところをはじめとして、トータルでの辻褄合わせはよくできている。後半になるに従い、ストーリーの厚みやリアリティを増すために、若干新たな設定や展開が付け加えられているが、さして違和感も無く、むしろなるほどと思えた。そして終盤の沖田艦長の名シーンは、台詞もそのままに生かされている。古代守と沖田艦長の存在自体がファンタジーになってしまっているが、もともとこの部分ではオリジナルもファンタジーなのだから、これをとやかく言うのはおかしいだろう。当然、オリジナルの「宇宙戦艦ヤマト」は不朽の名作である。しかし、今作はリメイクを創る上で、他の模範となるべき作品であると思われる。

  • 5.00

    リメイクというか新作として見るべき

    バキューム

    よくある焼き直しの劣化版かと思ったら面白くて一気見してしまった。ストーリーもキャラデも現代要素取り入れて一新されてるので完全な新作として観た方がいい。攻殻とかオカルトみたいな要素も入ってるので旧作を知ってる人は何じゃコレってなるかも知れない。戦闘シーンよりもヒューマンな比重のほうが大きくてちょっとガンダムっぽいところがある。というか元々ヤマトのほうがそうだったかも知れないけど。こどもも大人も楽しめる作品になってるんじゃないだろうか。

  • 3.00

    基本筋は旧作のストーリーだが、オリジナル部分では森雪の扱いに難航し、セレステラを庇うシーンではワープしている

    qmg [since 2001]

    ストーリーラインの大半は旧作のままであるが、幾つか改造されている。・以下の4点で作風が変わってる。①波動砲が非人道兵器として非難されること。②ガミラス人が放射能を含む大気でなくても生きられる、完全に人間と同じで、肌の色だけの違いという設定に変更されていること。③ヤマトの行動が正当化されており、ガミラスを滅亡させないこと。④スターシャの動機がデスラーの抑止ではなく完全に平和主義に傾倒していること。ここまでは理解できる変更点だが、擬似戦史という旧作から、平和維持軍的な内容に変わってるのは少し残念な気もする。・また悪くなっている点もある。①平和主義が協調された結果、デスラーの動機が不明確になり、デスラーの歪んだスターシャ愛が、ただの狂気にみえる。デスラーの考える平和がほとんどセリフでも表現されてない。漠然とすぎて意味不明。旧作はガミラス星もまた滅びつつあり、新天地として地球に狙いを定めたという、生き残りを懸けた戦いだったが、ガミラス帝国には十分な資源と生存圏があり、地球を攻撃した理由が、地球側からの攻撃を受けたからでは、完全に戦争責任は地球側にあるが、デスラーの独裁者として悪い行動が続いて表現され、地球の非が有耶無耶に・・。デスラーの旧作でもある意味不明の行動についても改善されていない。まず決定的に帝都を意図的に破壊する動機が薄い。デスラーはガミラスを完全に統治できており、わざわざガミラス星を捨てようとする理由がわからない。恐らく、反乱で統治不能になりつつあると表現したかったのだろうが、不十分である。戦争という観点からも、デスラーが馬鹿だから味方ごと攻撃しようとして失敗して逆恨みしたようにしか見えない。②森雪の扱いが、無理筋だ。森雪とユリーシャとの混同は、なぜ容姿が似ているかという点をスルーしている。なんで似ているのかという銀河的な謎を放置した上で、森雪の拉致という新しい筋書きを組んでいるが、不必要な混線だ。そもそも前述の①同様、デスラーがなぜイスカンダルとガミラスを統一したいのかというのが、イマイチ、ピントこない説明不足のストーリー展開のなかで、容姿が似てるというだけで影武者になる森雪。デスラーは自分の影武者を作れるのなら・・ユリーシアの偽物も作れるのでは・・・。森雪の救出のために古代を快く送り出す沖田艦長ほかの面々は呑気このうえない。古代に至っては完全に前言撤回であり、森雪愛を全面にうちだすが、単なる矛盾でしかない。その救出作戦でユリーシアが死ぬ可能性は無視されている。ご都合主義がすぎる。そしてデスラーのヤマト潜入と、森雪がセレステラを庇うシーンでは、古代・セレステラ・親衛兵×2・デスラー・森雪の順番で通路にいたはずなのに、森雪がセレステラの横にワープ。レーザー銃よりも速い・・・森雪。じゃ、親衛兵を倒せよ。最後の生き返りの場面は、見ている視聴者は旧作の筋でだいたい生き返ることがわかっているので、意外性なさすぎ。沖田艦長の死の場面をラストにしたほうがよかった。③ヤマトのガミラスの帝都突入と市街戦は民間人を巻き込む戦闘行為であり、多数のガミラス市民の死亡の責任は、沖田艦長にある。何のためなのか意味不明の衝角戦闘の後で、落ちてくるバラン2のパーツを波動砲で要撃するのは、ヤマト自身を守るためで、決してガミラス市民を守るためではないはずだ。もし市民の被害を気にするならば、帝都突入なんてしないはず。平和主義の真逆にあるヤマトの行動を正当化するのは不合理。④いずも計画について、地球から移住するのはいいが、ガミラスとの戦争はどうするのか? いずも計画が成立する条件は、移住できる地球型惑星の発見だけでなく、ガミラスとの停戦もしくは降伏が不可欠だ。移住だけしても、また遊星爆弾で破壊されるだけのこと。波動エンジンのコアを造る技術は地球にない設定なので、ヤマトがガミラスないしデスラーを倒さないと、地球は滅亡するしかない。滅亡まで一年をきってるので、移住できる人口もヤマトに乗れるだけだろう。いずも計画は戦争を無視してるし、無計画すぎる。

  • 3.00

    中盤までは面白かったのですが

    シガスタマー

    ドンパチシーンは見ごたえもあるも大勝利、大逆転っていうのは無く基本逃げの一手。波動砲も最初に使っただけであとは飾り。波動シールド?は20分しか使えないし、使っても結局船に穴が開く。死んでもいいシーンで人が死なず、死ぬのかよって所で人が死ぬのは何か強い力が加わっているのだろうか?中盤幽霊事件がおきてから話がトンデモ展開に。味方を打つ葛藤とか、反乱した人の気持ちだったりとか、残された家族のその後とか、先制攻撃の是非だったりとか全然掘り下げないものだから、消化不良気味。終盤に至ってはこれ終われるのかよ?と思うぐらいの状況から敵の大将の(それまで見せていた)大物感を全てぶち壊すダメっぷりを披露して自爆でおしまい。最後の2話なんて中身スッカスカで、深読みしても大した内容じゃなかった。結局ヤマトの伝えたいテーマはなんだったの?って言われると「波動エネルギーは大切に使ってね」ぐらいで、なんのこっちゃです。映像は美しくヤマトの動きや、ワクワクする用語(ひだりげん!とか)等よく考えて、研究してるなぁって思うところがチョコチョコあって面白い。変にテーマやメッセージ性を探そうとせず、ただただ、惰性で見るには十分な作品だと思います。

  • 3.00

    リメイクの功罪

    しあわせのかたち

    まず本放送を知らない世代がリメイクした訳でもなくリアルタイムを知っているヤマト世代がリメイクしてもこうなってしまうのかというリメイクの難しさを痛感。明らかによくなっているのはメカニックや戦闘シーンでこれは明確な技術力の進化を感じます。しかしながらオリジナルにあった海に沈んでいた”大和の怨念”のようなものは映像から姿を消しとても薄味になってました。特に女性乗組員の姿が明確になりヤマトがイスカンダルを目指すラブワゴンのような今風なノリになっていて、リメイクすると失わなければいけない代償が見て取れた。宇宙戦艦ヤマトでこうなのだから機動戦士ガンダムをリメイクしたら漏れなくこうなってしまうのだなぁと…。私はヤマト世代ではありませんが、改めてオリジナルのテレビシリーズをもう一度観たくなるそんな切欠になったリメイク版でした。

  • 3.00

    新しく、そして懐かしい……、そしてちょっと残念。

    Amazonのお客様

    小学校の時分に、リアルタイムで初代放送を見ていました。どっぷりハマって、毎週の放送日を心待ちにしていたことを覚えています。リメイクされた本作を見ていると、当時のことが思い出され「新作」を見ながら「懐かしい思い」もできるという、二度おいしい状態で拝見しています。ただ…当時も思ったのですが、やっぱりヤマトが強すぎですよね……。紙細工のように轟沈されていくガミラス艦、黒鉄の城のように沈まないヤマト。圧倒的物量差にも立ち向かえるヤマト…。大人になった今、ここら辺にもう少し納得できる理由付けがあれば良かったな、と思いました。太平洋を舞台にしているかのような距離感、不思議な異次元とかは「ヤマトの世界」「ヤマトの世界の物理学」で納得していますがw--------オマケ・残念なところ--------・軍事モノなのに、やたら「勝手に軍用機を飛ばす」行為が出てくるのには ちょっと納得しがたいものがありました。・ほとんどの船員が、明るく前向き過ぎで…なんていうか「人類存亡をかけた悲壮感」が あまり感じられません・戦場なのに、やたら女性の「性」を強調する服装が出てくるのにも、違和感を覚えます。 ラスト近くの水着とか驚きです。・あれだけの軍事力と戦って、メインキャラは誰も死にません。死ななくても、それはそれで いいのですが…「ギリギリの勝負」みたいなものがなく、戦闘に緊張感が希薄です。・追加エピソードが増えた分、他にしわ寄せが行き、全体としてダイジェストっぽい作りになっています。 ドメルのあたりとか、あっさりしすぎて大変残念。

常滑 ☆最終割引☆煎茶 窯変 村田益規】か220902 【名工 宝瓶 工芸品 新品登場

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

常滑 ☆最終割引☆煎茶 窯変 村田益規】か220902 【名工 宝瓶 工芸品 新品登場

第3ラウンド「対策樹立」/第4ラウンド「目標設定(1)」

第3ラウンドでは、第2ラウンドで◎を付けた危険項目とその要因に対する具体的な対策を挙げます。第4ラウンドとして、この中から重点的な実施項目に☆印を付けます。同じ項目と要因への対策なので、同じ意見が出ることは不自然ではありません。ここでは以下の3つの対策が挙がりました。

  • -作業者Bが台車に荷物を置いたことを確認してから、作業者Aは荷台から次の荷物を出す。
  • -作業者Aは荷物で足元が隠れないよう、横向きで荷物を出す。
  • ☆作業者Bが荷物を台車に置くと同時に指差し呼称。作業者Aはそれを聞いてから荷物を取り出す。
  1. ホーム
  2. 工芸品
  3. 常滑 ☆最終割引☆煎茶 窯変 村田益規】か220902 【名工 宝瓶

第4ラウンド「目標設定(2)」

重点的対策として選ばれた内容を軸に行動目標をまとめて、安全確保のために行うべき指差し唱和を実行します。

・チームの行動目標
「高い荷台から荷物を降ろすときは、受け取る人が荷物を置いて指差し呼称してから、荷台の中の人は足元を確認して次の荷物を差し出そう」
・チーム全員で指差し唱和
「台車への積込みヨシ!足元確認ヨシ!荷物の差し出しヨシ!」

KYT(危険予知訓練)で、現場の風土も良くなる!?

KYTの第1~第4ラウンドで行うアクションは、主に「考える・意見を述べる・話し合って決定する・指差し唱和する」といったシンプルなものです。それは、潜在的な危険について頭で考えるだけでなく、意見を述べたり、他者と話し合って決めたり、加えて、決めたことを全員で指差し唱和するというフィジカルな表現により、危険に対する意識を刷り込むためといわれています。
同時に、KYTの実施によって職場の良好な風土に求められる、各自の自発性やコミュニケーション能力、チームワークも強化することができます。

ただし、これは訓練であるため、できるだけ繰り返し行うことが大切です。たとえば4半期に1回、または、人員配置や現場環境の変化の都度実施することにより、製造現場に必要な安全確保への意識と現場のチームワークの両方を維持できるでしょう。

メルマガ登録(無料)

メールアドレスを登録するだけ!
さまざまなお役立ち情報や、
最新情報をお届けします。

  • 現場で役立つノウハウ
  • 「カイゼン」のヒント
  • セミナーのお知らせ

Web会員登録

  • Point
    1
    3000冊以上の役立つ資料
    すべて1クリックでダウンロード可能!
  • Point
    2
    メールマガジンで
    人気の資料新商品情報お届け!

ご相談・お問い合わせ

技術的なご質問など、
こちらからお問い合わせいただけます。

0120-100-470

受付時間 8:30~20:00 (土日・祝日除く)

お電話でのご相談・お問い合わせ

0120-100-470

受付時間 8:30~20:00
(土日・祝日除く)